阪神9000系 プラレール

 
阪神9000系は、震災後8000系,3000系の被災廃車の補てんとして
96年に川崎重工で制作された赤胴では初めてのステンレス車両です。
当時は赤帯で6連固定でしたが、なんば線開業後の乗り入れに際し、
ロングシートで、5編成だけの勢力であることから、順次乗り入れ改造と
リニューアルされ、すべてが幕交換や黄色帯変更、
難波方に電連を装備するリニューアルを受けました。
 
俗にいう「走るんです」っていう車体ですが、そこまで劣化しているわけでもなく、
現在もなんば線運用のほか、一部の本線運用、近鉄完結運用にもつく赤胴車です。
 阪神9000系のリメイク
今回は以前制作していた同形式をリニューアル、フル編成化、電装工事も施工し、
走れる性能を与えました。
モデルは9205F、現在は前照灯のLED化、アームパンタとなっていますが、
あんまり好きではないので、交差式のままにしています。
 
種は阪神8000系で、2編成で作り上げています。
数編成買うのもったいないですもの()
9205
 阪神9000系 プラレール
動力の改装(トルクチューン化)スカートの延伸、電装化などなど
 阪神9000系 プラレール
91059206
パンタ無の中間、後尾車から側面複製で中間化をしました。
 阪神9000系 プラレール
90059006
パンタ車のそのまま活用、ちなみにクーラーパーツは阪神5700のものを採用。
 阪神9000系 プラレール
9206
連結器をつけづらいシンメカの連結器取り付けを行い、
9205とは違うスカート設置、貫通扉の加工、電装工事を施工。
 阪神9000系のリメイク
10002Rを連結できます。
ただし線形がきついと脱線しかけます()
 
制作のコツ
8000と比較して顔には丸みがありますので丸みを出すようにします。
電装は小さいスペースに集約して行っているので根気が必要です
応用すれば93005500も比較的楽に制作可能と感じました。
 阪神9000系のリメイク
種阪神8000系リニューアル2編成
カラー
ダイソーシルバー
ダイソーイエロー
タミヤキャメルイエロー
ダイソーホワイト
ダイソーブラック(つやあり)

スポンサーサイト

阪神9000系 プラレールのリメイク

 こんにちは、はんきゅ~です。
昨日は地震で、被害はなかったものの、交通事故の夢みて、
ぶつかった衝撃で目が覚めて、地面が揺れててとんでもなく目覚めが悪かったです。
 身内が通学中に電車に閉じ込められて、発狂していたので、
全部止まってるんだなって知りましたね。


 さて今回は、私のハンネの由来になった阪神9000系を作ってみました。
e217ベースで作ったり、211の顔から作ったりしてきましたが、
技術も成熟し、阪神8000ベースで作った3代目をリメイクして、
大幅に手を加えました。
分身リメイク
阪神9000系のリメイク 
かつて700円で手に入った8000を有効に使い、
フル編成に、電装と連結器設置、モーターをハイチューンもしています。
阪神9000系のリメイク 
1000に色を近づけるため、
色々吹いた結果、ダイソーイエロー+キャメルイエローが近いことが判明、
これを採用し、6連塗装してます。
阪神9000系のリメイク 
今のところ1000の2Rがいるので8連が組めますが、
もう1編成手に入れて、10連にして1000もフル編成にしたいっすね()

阪神9000系のリメイク 
細かい点はまた改造ページにつづります。

でわぁ~♪

プラレール 787系BO編成

787系BO編成をつくってみた! 
 787系は1992年、「有明」の西鹿児島行きを
「つばめ」に変更する際登場した形式、
のちに「かもめ」や「ドリームにちりん」などにも使用され、
新幹線の九州内延伸でのつばめ廃止や、その後の博多延伸での用途変動、
南九州の485系置き換えなどにより、ソニック、ハウステンボス以外
のすべての電車特急に使用される、汎用特急となっています。
 今回製作したのは、485系を置き換えた大分のBO編成、
4連でワンマン対応、両方の先頭車が改造ないし、
後付け新造車となっている編成です。
 プラレール 787系BO編成
 787系はプラレールだと製品化されているものの、
それは南福岡で6連あるいは8連で運用される、BM編成であり、
BO編成にするため改造では主に
・窓割り
・中間車の作成
・両方の戦闘車の動力仕様化
が主に施工しています。
 
885の時もそうですが、九州特急は細かいところで
485系並のうまみがあります()

各車の紹介
1号車(クロハ786)
 プラレール 787系BO編成
 こちらは2000年ごろに製造された先頭車、
近畿車両からまとめて出荷されたらしく、
違和感しかない写真を見たことがあります。
プラレール 787系BO編成 
側面は、ビュッフェから窓や常務用ドアをはく奪、
窓数調整をおこない、左右非対称さを再現()
 
2号車(モハ787)
 プラレール 787系BO編成
こちらは妻面に後尾車、側面は後尾とビュッフェから窓をはく奪して
屋根周りはビュッフェを活用し、フルスクラッチ、
仕切りはビュッフェのパーツを再活用し何とかしています、
まさに魔改造・・・。
 
3号車(モハ786)
 プラレール 787系BO編成
私が遠征時に乗った車両で後尾車をベースに中間化、乗務員扉を再利用しています。
トイレが大きいためそのためのスペースを埋め忘れたのは秘密です()
 
4号車(クハ787-100)
 プラレール 787系BO編成
 実車は、先頭化改造車ですが私のクハも動力化改造を行い、
先頭ベースで側面を後尾車と入れ替えて普通席化しています。
プラレール 787系BO編成 
電装は787系にあっていた、885系の物を流用、
台車は入れ替えることで、上り下り向きに替えることができます。

製作期間3か月(サボり期間含)

種787系
・動×2
・中間(旧製品)×1
・後尾×2

製作のコツ
・私はBO編成だったので1MユニットですがBM編成などの
長編成の場合は種の確保が結構大変だと思います、
そのため、パーツごとで複製かけるなどしてもいいかもしれません。
・電装は電球色×2赤色×2
787の鼻?にはフォグが入ってますが、プリズムで光はいるので、
付けていません。

787系BO編成をつくってみた!

 こんばんわ、はんきゅ~です。
今日は米中首脳会談ですが、いい進展はあったのでしょうかねぇ、
金正恩委員長がビーストの車内見てるのがいいなぁと思いました。
787系BO編成をつくってみた! 
 さて、787系といえば何を思い浮かべるでしょうか?
つばめ?、リレーつばめ、はたまたドリームつばめ?、
新幹線開業でどれも過去帳入りしてますが、
2011年の新幹線、博多延伸後以降に787系が異動された先は
大きく分けて2つあります。
・南福岡で主にかもめ、みどりに就くBM編成。
・大分で主ににちりん、きりしまにつくBO編成。
前者は製品のアラウンド九州の製品版のモデルであり
後者は製品化されていません(当たり前だよなぁ)

 カオスな編成美と4連という短さ、また特徴的な各車両たち、
調べると、珍編成ですので、2月の遠征時乗った車両であり、
種も安く手に入ったので作ってみたいと思います。
787系BO編成をつくってみた! 
こちらがBO108編成
小倉側は先頭化改造されたクハ787の100番台
中間2連はもともとつばめや増結用で使用されていた2連、
鹿児島中央向の先頭車は2000年に新造されたクロハ786、
ドア配置や窓割が特殊すぎる形式です()
今回はこんなカオス編成を作ります。
787系BO編成をつくってみた! 
787系は旧仕様が必要です(サハシの窓が必要)
787系BO編成をつくってみた! 
モハ786は後尾とビュッフェをばらして、
787系BO編成をつくってみた! 
組み立てます、これはすぐできました。
本当は窓を2つ埋めたほうがいいんですが、埋め忘れました(爆)
787系BO編成をつくってみた! 
一番謎なクロハは先頭車を切りつなぎます。
787系BO編成をつくってみた! 
中間の位置にビュッフェの窓が組み込まれ、作業用窓を、
禁煙スペースに活用します。
787系BO編成をつくってみた! 
ちなみに海側はこんな感じ。
グリーンの窓は大きめ、指定席はノーマルサイズ。
787系BO編成をつくってみた! 
作業会でクロハ並べ。
戦前にもクロハはいたんですね()
787系BO編成をつくってみた! 
おふざけ←
モハ787はビュッフェの余りと先頭の廃材で組み立てました()
787系BO編成をつくってみた! 
クハ787-100は側面を後尾と入れ替えるだけです。
787系BO編成をつくってみた! 
 電装、実は885系からパクってきたもので、
885系にはあってなかった電装を移植しています、
885系にはソニック編成を制作するときに同時に取り付ける予定です。
787系BO編成をつくってみた! 
塗装はいまだに製品がいるので、色をそろえるべく、
ダイソーブラック+200円シルバーで下地を、本番カラーは
ガンメタルを散布、r32にも向いてそうなカラーです()
787系BO編成をつくってみた! 
細かい色差しと、電装組付け、シール貼り済ませれば完成です。
なんだかんだでやる気なくて3か月かかりました()
また九州物欲しくなったので次々回は885系や、
883系のフル編成に入りたいです()
次回は改造ページ更新です。

でわぁ~♪

プラレール TOQ i

 こんばんわ、はんきゅ~です。
梅雨入りしましたねぇ・・・、塗料吹けません!
 あとこの時期は、ロードで通学した帰りにゲリラ豪雨にあって
ずぶ濡れになることが多いですっ(汗)

 ただああいう時のずぶ濡れってなんか嫌な思いしないんですよね、
自然の中に生きてるんだなぁっていう感触を与えてくれます。

 今回は振り返りと言う事で東急の7500系TOQ Iのご紹介。
現在の東急の計測車で、デヤ7500とデヤ7550という2両からなりますが、
計測以外にも池上線系統の車両の併車としてサヤ7590をはさんだ
3連で計測するなどその活躍は多彩で、メディア露出も多いのが特徴です。
プラレール TOQ i 
人生初のフルスクラッチでして、
なぜかグレーよりも黄色の台車の似合う珍しいやつです。
プラレール TOQ i 
デヤ7500
パンタは阪急9000系から屋根回りの配線は、銅線を購入し、
メタルプライマーかけて塗装してます。
電装したら感電しそうです←
プラレール TOQ i 
サヤ7590
これだけ7200系に分類されるようです。
屋根回りのクーラーは阪急8000系の複製、阪急さまさまな状態
プラレール TOQ i 
デヤ7550
屋根回りはへっこみがあるなどいろいろ大変です、
パーツはキハ40や205系などからも汎用しています。
プラレール TOQ i 
普段は連結面に埋もれる、顔も再現!
パイプが通っているのでそちらも再現させてもらってます。
プラレール TOQ i 
普段は3連の計測(レイアウト設置後などなどに実際使ってます)
プラレール TOQ i 
2連での計測ごっこに
プラレール TOQ i 
中間に貨車をはさみおふざけまで楽しめます。

運転会などへも持ち込み率高いので、見たいときは容赦なくどうぞ()

製作期間
約2週間

フルスクラッチのため無

製作のコツ
・フルスクラッチのため製図の技術が必要です。
・ぷら板も厚みの違う(0.5、1.0を今回使用)モノを使うことで、
補強と重厚感を出せます。

でわぁ~♪
プロフィール

はんきゅー

Author:はんきゅー
ハンドルネーム 
はんきゅー
(由来は阪神9000系より)

趣味
乗り物玩具の改造、(主に鉄道、車)
サイクリング(20キロぐらいほぼ毎日。)
作画(まだまだですが、プロ絵は描いてます。)
車(トヨタ アルテッツァが好み)
ドライブ(湾岸、箕面、西六甲が大好き)
その他、天体、地理、歴史etc・・・

基本的にこの上の内容を書いてるのですが、
不定期更新となっております。

※注意とお詫び
ブログでの玩具改造は
全て自己責任です!
真似して怪我や失敗等されたとしても
一切責任負えないので自己責任でお願いします。

誹謗・中傷・喧嘩口・勧誘などの迷惑なコメントは一切受け付けておりません!
発見次第削除いたしますし
場合によっては警察に通報します!
このFC2ブログは観覧者のipを記録してます!
(ip情報は通報以外には一切使用いたしません)

なおぶろぐ内の画像、シール等は一様
無断での転載、改変は基本的には禁止です。
使用する場合はコメントをお願いいたします。
(その場合は使いやすく加工したものをお渡しできます)

このブログの鉄道アイコンは
ゆけむり温泉様の許可を受けてます
 
なお大学生なため予定が多い月は
多忙気味で更新がとだえる可能性もあります
この件に対してはしばらくお待ちください
応援もお願いします。

トランバックは不可になっています


アイコンは基本的に
自分で描いたものを使って主に
ラティオスとラティアスを使ってますが、
最近は使ってないかもY(o0ω0o)Y


FX初心者の入門講座



カウンターカウントが消えたりして
本当は約+27万8000件でおおよその値です・・・
android
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪神線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ


鉄道コム
鉄道コム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR