第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2

 こんばんわ、はんきゅ~です。
先日、またゴネゴネさんにお世話になってました←

さて今回は運転会お内容でもしましょう、
まぁチーズさんにお呼ばれしてるメンツしかいないので
身内や有名な方の作品がいっぱいですよ。
※画像は処理を入れているつもりですが、まずければご一報を。
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
 獣やらビーストやらのけものやらいっぱい書かれた白板、
アーヤバイ(ボキャ貧)
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
走る車両がカオスを極め、
何でもありな運転会というイメージである意味治安が楽しいです()
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
六郷線さんのE231そーぶせん
この金型で裾絞りを施工しているとかで驚きます。
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
誰のかしらない関西線とワイの2600、211スーパー
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
ポケさんお手製のカントレールを走る800系、
たぶん雷渡さんの物のはず・・・。
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
限定発売のプリンも暴走中。
遅くてつっかえまくっていたかも(ぉぃ)
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
謎の音が鳴る181系とき、
レジン複製のたまものだそうです。
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
私の陰陽コンビとケンメリさんの1500、
リアルで好きですね。
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
こんなの突放されてんよー -1145141919810364364点
第2回、IQが溶ける運転会にいこうその2 
ケンメリさんの京成コーナー
歴代スカイライナーは圧巻です・・・。

次回も続きます。
それでわぁ~♪

第2回、IQが溶ける運転会にいこうその1

 こんにちは、LCC好きなはんきゅ~です。
なおこの文章は機内で打って関空で一部送って後日書いてます。

日曜日にはなりますが、赤アメのメンバー、
チーズベーグルさんけんめりさんすいごうさん
のなかよし三人チーム「チームサバンナ」主催の運転会
IQが溶ける運転会の方に行って参りました。

  この運転会は完全招待制で公開はされていませんが、
チーズさんより招待受けたので大阪より成田経由で
上佐しました。

  佐倉にはLCCのピーチを使い向かうことになります、
開場が13時でしたが設営もあるので、早めにいこうと思い朝7:10発の成田行きに搭乗しました。

ここからはLCCで運転会に参加する方への助言です←
 そのため朝4:00起きでかなりきつかった()
リムジンバスは難波発の始発便しか間に合わずで
ラピートも空港急行も始発が遅く、
宛にならないものでかなり大変です。
 IQが溶ける運転会にいこうその1
 リムジンバスが着いたのは6時過ぎで、自分で発券機を使い、
搭乗手続きを行いますが機内に持ち込める手荷物は10キロ3辺が115センチ
(そのなかでも採寸規定があります)までしか持ち込めないので注意が必要です。
まあ1,2泊するぐらいの小さいキャリーや大きめのリュックはきにせず行けるかと思います。
 これとは別におみやげや手荷物などを1つ持ち込め、
キャリーと手荷物リュックを私は持ち込みました。
 つまりプラレを入れるキャリーと、
土産や着替えを入れるリュックが持ち込めるということです
 この二つの重さで10キロいかに押さえれるかが鬼門ですので、
多くの車輌を持ち込む場合は預けにしてしまうのがベストと思われます。
IQが溶ける運転会にいこうその1 
  LCCは、お客を多く安価に運ぶために、
席数を増やして空間を狭めていますので、
大きい荷物は持ち込めないのがよくわかります。
IQが溶ける運転会にいこうその1
飛行機はエアバス社のA320だったはず。
7時10分て定刻通り飛び立ちました。
IQが溶ける運転会にいこうその1
 雲海綺麗!そして成田に到着したのち、
私は少し用があったのでシャトルバスで
第2タミナーナルさんに移動し、あの場所へ
IQが溶ける運転会にいこうその1 
 そう一度行きたかった、東成田駅です。
旧成田空港駅で敷地内に国の力で入れなかった頃にできた、
昔の成田空港駅・・・。
 いまとなっては職員の利用しかほぼないとかで
行く通路も通っていいのかわからんような感じで、
千葉県警のおまわりさんに場所を教わり、あの怖い通路、
だけど行くんだねぇ(笑)と教えてもらえました(ぇ
IQが溶ける運転会にいこうその1 
・・・。
確かに怖い、誰もいない・・。
実はこの段階で10時すぎ早くいかないと間に合わないので、
500Mを5分でダッシュ(荷物あるもん)
IQが溶ける運転会にいこうその1 
とんでもないところに来た・・・。
IQが溶ける運転会にいこうその1
 1991年から締まっているであろうカフェ、
武富士の広告があるとかで噂がありますよね。

まるで封印された地のように時が止まっている駅です。
IQが溶ける運転会にいこうその1 
京成3000でこの駅ともおさらばして成田→佐倉と移動です。
IQが溶ける運転会にいこうその1 
次回は盛大に盛り上げた運転会本編前半をお届けする予定です。
でわぁ~♪


105系に会いたくて、京都鉄道博物館に行きたくて・・・。

 こんばんわ、はんきゅーです。
テストが近いのでいろいろ大変です、FTAとか準貨幣など、
自分はわかっている単語でも、有人には不明だったりすると教えたくなるのが、
私でして、教えながら私も知識のおさらいができるのがよい点かと思います。
 まぁおせっかい野郎かもですが・・・。
 さて今日、髪も長くなってしまい
それで髪型が決まらずいつも行く床屋も休みで、切りには行けない・・・。
早く終わった大学・・・よし105系のるゾ、ついでにあそこも。

というのが今回のお話です(意味不明)
大学から久宝寺へむかいまして、
105系に会いたくて・・・。 
201系、快速。
爆走する次世代車輛・・・。
ビゃ―――――――といううなりを上げ、生駒を超えていく。
しかし、私1人だけのガラガラの車内は淋しい・・・。
105系に会いたくて・・・。 
 201でやってきたのは王寺、
この221系も更新済みが大半を占めて、すこし淋しい気がしてきました。
105系に会いたくて・・・。 
そして今回のお目当て、105系。
てっきり和歌山線の普通があると思いきや、
快速のみで、105系は午後までないというので、
桜井線を狙うべく、高田へ向かいました。
105系に会いたくて・・・。 
 着くとさっそく、お出迎えしてくれたのは、
ダブルパンタの105系、ご存知の方も多いでしょうが、
この線区で活躍する当形式は、103系1000番台等の103系が、
ベースであり、多くの西の103系がリニューアルで、
原型を失っていった中、かなり原形をとどめている?形式です。
105系に会いたくて・・・。 
 この顔には見覚えがある人も多いと思います。
1000番台の103系からあまり変わっていない面であり、
貫通扉をうまく流用したスタイルがいいですね。
 ここの4ドアは、左右違う顔の編成、
 105系顔でそろっている編成、ダブルパンタ、分散クーラー、
集中クーラーなど、様々なバリエーションがあって面白いものです。
105系に会いたくて・・・。 
 ある意味、西日本における前と後ろで顔の違う列車の先駆けにも、
なっている105系、419系やサンパチ亡き後、
ダブルフェイスと共に、注目したいなと思います。
105系に会いたくて・・・。 
上の105系で奈良まで、そして乗り換え待ちしてると・・・。
105系に会いたくて・・・。 
 トプナン! まだ更新されてなかったんですね。
しかもシートも初期のまま、最後までこのスタイルを保たせるのかな?
105系に会いたくて・・・。 
 昔は当たり前でも、もうじき撮れなくなるであろう光景・・・。
この後は、隣の鉄仮面103系とみやこ路快速で、京都へ、
そして・・・。
105系に会いたくて・・・。 
京都の博物館へ。
105系に会いたくて・・・。 
500系は同い年なんですけど、
片割れ就活を控えて、片割れは営業から退き展示されている・・・。
なんか、新幹線はやはり、輝ける時間が短い物なんですかね?
105系に会いたくて・・・。 
月光
晩年はきたぐにだった583系ですね。
105系に会いたくて・・・。 
 中学時代、金沢やお別れ運転でみた489系も
展示されています。
105系に会いたくて・・・。 
当館のゆるキャラ、ウメテツ。
恐らく、C62の燕マークから生まれたのでしょうけど、
軽い怪奇現象を誘発させてくれてますし、
105系に会いたくて・・・。 
デデドン!
影響されてるのか、
583系が某食パンに見えてきます・・。
この子たちが寝不足でこれなかったらどうするのウメテツ先生
105系に会いたくて・・・。 
 お昼ご飯は、ハチクマライス大宮でも食べてたのですが、
やはりうまいっすね!
スプーンが使い捨てで貧弱過ぎて、1度おりました・・・。
105系に会いたくて・・・。 
 そしてその外には汚れまみれになって働く青い後藤さん。
数年前はピカピカで走っていたのも過去の話となり地元でもみられるのは、
不思議なような、当たり前のようなという変な感じですね。
105系に会いたくて・・・。 
105系に会いたくて・・・。
ゼロロクは少しトラウマありますが、やっぱりかっこいいっすね。
105系に会いたくて・・・。105系に会いたくて・・・。
DD51、やっぱりすきですねぇ・・・。
晩年は岡見貨物などでも活躍してましたね。
105系に会いたくて・・・。 
昔は乗ったスチーム号。
リニューアルした客車はこちからの改造でしょうか?
105系に会いたくて・・・。 
何故か外に放置されてる旧型客車と入れ替え用のデーテン、
そしてその横を行く207系・・・、違和感が素晴らしいです。
105系に会いたくて・・・。 
 デゴイチの200がやまぐちに入ることになり、
コチラはどうなるんでしょうか、交代して入るんですかね。
105系に会いたくて・・・。 
・・・。
実はSLなんてこれに比べると、どうでもよくって、
50系に最も目が行っていたのはここだけの話、
冷房ガンガンの50系には少し違和感ですが、
見た目も残してるのが、最高ですし、動いてほしいものです。

105系に会いたくて・・・。 
・・・。
どうやって翼で字を書けるんだか?
当然グッズは買わせていただきました。

退館後は、河原町へそれから阪急で梅田へ
色々あって、帰れたのは19時を過ぎてました・・・。
105系に会いたくて・・・。 
快速今更初撮影(爆)


でわぁ~♪

大阪オートメッセ2017へいってみる。

大阪オートメッセ2017へいってみる。
 こんにちは、はんきゅーです。
 東京に出発する日、コチラ大阪おオートメッセを見に行くため、
インテックス大阪に来てました。
 今回は、友人と都合が合わなかったので、
1人で参加です。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
エアサスがずっと作動する、セルシオ
こんな感じで上がるんですね(客観
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
Mazdaブース 写真はロードスターRF
最新モデルですけど、一様ジャンルはクーペなのか、
オープンになるのかわかりません←
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
ヴェイロンみたいな、S660
パクリかと思ってました(ぇ
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
新型シビック、カローラ、アクセラなどのライバルセダンが
そろって不発の、日本では売れないかもしれないけど、
一定の支持はありそうですよね。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
 タイプR、まぁこれをシビックとはもう言いたくないですね。
タイプRの初代からすれば、
値段は倍以上になってますし、パフォーマンスも、
ましてるとは思うんですけど、海外生産ではなくやはり日本で、
造ってほしいですね。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
ハッチバック、デザイン性は抜群かな?
日本にはあまりないタイプだろうし、支持はありそうかな。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
 そして並べば乗れるNSXは、
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
当然乗りました。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
しかし、あまりスーパーカーらしさを感じられなかったのは、
わたしだけでしょうか?
見た目は迫力に欠けないんですけどもね。(ぉぃ
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
GT‐R、17年モデル。
もうじきR36が出るとか噂ですが、
この車も登場から10年もたってるんですね。
先代3台のGT‐R販売期間を追い越しそう・・・。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
ニスモ、
東京で実車が公道走るのををはじめてみましたが、
実質見た目がレース用のGT3とあまり変わらない気がします。
これに関しては、後日いいことがあったのでお知らせします。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
R32カルソニックスカイライン。
色々伝説を残したマシンです。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
まるで新車のような輝きを放つR32、
実は、数十万キロ走ってる個体のようです。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
 NA2のR、時々見かけるのが、コイツだったときは、
なんかいいもの、みたなぁって思えますよね。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
アバルト124スパイダー、日本生まれのイタ車、
Mazdaロードスターの兄弟車になる車ですけど、
こちらの方が好きですねやっぱり。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
ケンさんだ かつての幻のレーシングマシン、
2代目のGT-R、ケンメリGT-Rの、レーシングコンセプト、
排ガス規制に引っかかるS20エンジンを積むために、
わずか3か月で生産が終わった、この車種はある意味、
迷車となってしまった1台ですが、
リアのツインテ―ルや、GT-Rエンブレムは、GT-Rにも、
引き継がれてる部分でもあったります。
実際このレーシングコンセプトも、レースに出ることなく、
この1台のみが、存在するだけのようです。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
 サファリラリーに出場した実車が展示されてました、
S30といえば悪魔のZか、レストアのイメージしかないんですが、
かつては、ラリー優勝を果たすような車でもあったようです。
 フェンダーの穴や、ゆがんだボディが、ラリーの激しさを、
物語りますね。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
矢田部トライアルで、当時の世界最速記録、210キロを
叩き出した1台ですが、実車は残存せず、レプリカの1台が、
この日は来ていました。
でもかつての栄光のマシンが紹介してない分も含め、
大量にあったのは驚きでした。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
わんえいてぃ
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
ニードフォースピードにもある、このステッカー。
何かとネタに使われますよね。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
うぁヴェイロン・・・。
初めて見た(笑
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
ウアイラ、こちらも実車は初めてです。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
F40
これはグンマーで見たっすね(ぉぃ
一度公道走ってるのを大阪で見たことありますけど、
周りの全員が2度見してましたね。
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
まさかのラスト1周でストップした方ではない、
トヨタ・TS050 HYBRID
今年は、マツダの787B以来の、日本勢優勝なるか?
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
色々スワップされてる、ジムニー、
自然過ぎて、どこがどうなってるのかわからん(笑
大阪オートメッセ2017へいってみる。 
スーパーGTに出るであろうR8、
あまりこちらには興味がないです(ぇ
自分はどちらかといえばWRCとか、
D1とかあちらの方が好きですね。







さて、こんな感じで終わったわけでした。
でわぁ~♪

18切符消化の旅 出た目は4編

 さてはんきゅーです。
前回の旅の続き、敦賀でサイコロを振った(・・?はんきゅーですが、
 出た目は4、折り返しの新快速で米原経由、名古屋。  がでました。
・・・。このダメ人間
18切符消化の旅 出た目は4編
せっかく敦賀までやって来た新快速で折り返し、
18切符消化の旅 出た目は4編 
折り返し新快速になる、223系3000番台に乗車。
18切符消化の旅 出た目は4編 
 米原で駅弁購入!
さすがになんかおいしいもの食べたいと、
執念に駆られてます←
 この普通の大垣行きは満員列車と化しておりまして、
さすがにこの区間は混みますねぇ・・・。
18切符消化の旅 出た目は4編 
 この駅弁とんでもなくおいしくて、
あたり引いた感全開でした←
私のおすすめですね。これは!(1100円)
 近江牛サイコー!

そして気が付けば大垣、
こんだ流れで313系に乗り換え、名古屋へ
思えば鉄してない・・・。

そしてサイコロタイム・・。
1、名鉄撮影
2、セントレアの♨へ
3、桶狭間の戦いの舞台、桶狭間へ行く
4、名古屋市内観光へ
5、リニア博物館へ行く
6、トヨタ博物館へ行く

コロコロ・・・。  
18切符消化の旅 出た目は4編 
次回ここ行きます!
でわぁ~♪
プロフィール

はんきゅー

Author:はんきゅー
ハンドルネーム 
はんきゅー
(由来は阪神9000系より)

趣味
乗り物玩具の改造、(主に鉄道、車)
サイクリング(20キロぐらいほぼ毎日。)
作画(まだまだですが、プロ絵は描いてます。)
車(トヨタ アルテッツァが好み)
ドライブ(湾岸、箕面、西六甲が大好き)
その他、天体、地理、歴史etc・・・

基本的にこの上の内容を書いてるのですが、
不定期更新となっております。

※注意とお詫び
ブログでの玩具改造は
全て自己責任です!
真似して怪我や失敗等されたとしても
一切責任負えないので自己責任でお願いします。

誹謗・中傷・喧嘩口・勧誘などの迷惑なコメントは一切受け付けておりません!
発見次第削除いたしますし
場合によっては警察に通報します!
このFC2ブログは観覧者のipを記録してます!
(ip情報は通報以外には一切使用いたしません)

なおぶろぐ内の画像、シール等は一様
無断での転載、改変は基本的には禁止です。
使用する場合はコメントをお願いいたします。
(その場合は使いやすく加工したものをお渡しできます)

このブログの鉄道アイコンは
ゆけむり温泉様の許可を受けてます
 
なお大学生なため予定が多い月は
多忙気味で更新がとだえる可能性もあります
この件に対してはしばらくお待ちください
応援もお願いします。

トランバックは不可になっています


アイコンは基本的に
自分で描いたものを使って主に
ラティオスとラティアスを使ってますが、
最近は使ってないかもY(o0ω0o)Y


FX初心者の入門講座



カウンターカウントが消えたりして
本当は約+27万8000件でおおよその値です・・・
android
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪神線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ


鉄道コム
鉄道コム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR